E653系0番台のカラーリングを再現したE657系リバイバルカラー車両2編成目が運用を開始

車両
紅色に塗装されたE657系K12編成

JR東日本では茨城デスティネーションキャンペーンが10月1日から12月31日まで開催されることを記念して、2013年3月まで特急フレッシュひたちとして運用されていたE653系0番台のカラーリングをE657系に再現したリバイバルカラー車両の運転が行われていますが、リバイバルカラーの2編成目の運転が先月12日から行われています。

2013年3月まで特急フレッシュひたちとして運用されていたE653系0番台は茨城と福島の各地域のテーマカラー5色を車体に施し好評を得ていましたが、リバイバルカラー車両の2編成目としてE657系K12編成に梅と好文亭をテーマに紅が再現され、車体の側面にはテーマカラーに合わせたシンボルマークも再現されており、2026年春まで特急ひたちと特急ときわの定期列車の一部で運用される予定です。

見ただけで特急フレッシュひたちが運転されていた頃を懐かしく感じることが出来ますね。

関連リンク

E657 系電車 フレッシュひたちリバイバルカラー車両撮影会
第 2 弾を開催します!20230120_mt02.pdf (jreast.co.jp) 2023年1月20日東日本旅客鉄道株式会社水戸支社ニュースリリース

紅色のフレッシュひたちリバイバルカラー車が確認 – 4号車の5号車寄り (4gousya.net)

カツK12編成(スカーレットブロッサム)が運用復帰 – 4号車の5号車寄り (4gousya.net)

コメント

タイトルとURLをコピーしました