JR東日本

運転

貨物新幹線計画

北海道新幹線新函館北斗ー札幌間の延伸に伴う並行在来線問題について、現在様々な議論が交わされていますが、新幹線で貨物を運ぶ貨物新幹線の導入について、JR貨物が2030年目途に判断する方針になっています。
経営

奥羽本線新庄ー大曲間に非電化と駅削減の構想

奥羽本線新庄ー大曲間を非電化化し信号システムを特殊自動閉塞式にして駅を削減する構想があるそうです。 JR東日本では、サスティナブルな鉄道事業を構築するために輸送設備のスリム化を図る計画がありますが、非電化化は架線と変電設備を撤去することになるので、
車両

幻の気動車キハ391系

キハ391系は、ガスタービン車の研究と在来線の高速化を図るために、国鉄が開発した車両です。 ガスタービンはジェット機やヘリコプターの動力機関で、軍用艦艇や発電用でも使用されており、小型軽量で強力な出力を得ることが出来ます。これを鉄道に用いようとすると、
車両

山形新幹線E3系のリバイバルカラー車両

JR東日本が、フレッシュひたちとして活躍していたE653系のカラーリングを再現したE657系のリバイバルカラー車両に続き、山形新幹線でもリバイバルカラー車両の運転を先月から開始しています。
車両

E653系0番代のカラーリングを再現したE657系リバイバルカラー車両2編成目が運用を開始

JR東日本では茨城デスティネーションキャンペーンが10月1日から12月31日まで開催されることを記念して、2013年3月まで特急フレッシュひたちとして運用されていたE653系0番台のカラーリングをE657系に再現したリバイバルカラー車両の運転が行われていますが、リバイバルカラーの2編成目