東武鉄道の輸送改善計画

運転
東武スカイツリーライン

広告 ※当サイトではアフィリエイト広告を掲載しています

現在、東武鉄道では2031年度の完成を目指して春日部駅付近の高架化工事を進めていますが、春日部駅付近の高架化に合わせて輸送力を改善する計画があります。

東武アーバンパークライン

この輸送改善計画は、東武スカイツリーラインと東武アーバンパークラインの直通運転を行う事と将来的に東武アーバンパークライン全線において、速達性のある列車を運転する際に追い越しや乗り換えの利便性を向上する計画で、春日部駅は高架化工事が完成するとホームは4面8線になり東武鉄道最大の拠点駅になるので、輸送力増強と春日部駅付近の高架化による効果を高めることが出来ます。

スペーシアX

春日部駅は今月から営業運転を開始したスペーシアXも停車しますが、東武鉄道では春日部駅のジャンクション機能を強化することを検討しており、春日部駅付近の高架化工事が完成すると東武鉄道の輸送体系は大きく変わるでしょう。

参考文献

「東武グループ長期経営構想・東武グループ中期経営計画2017~2020」2017年5月12日東武鉄道株式会社

広告 ※当サイトではアフィリエイト広告を掲載しています

タイトルとURLをコピーしました