車両

東京メトロがJR東日本のノウハウを活用し線路設備モニタリング装置を導入

東京メトロは、JR東日本のノウハウを活用して、線路設備モニタリング装置を導入します。 現在、東京メトロでは、状態基準保全(CBM)の導入に向けた技術開発を進めていますが、JR東日本のノウハウを活用することになった理由については、鉄道の安全・安定性の向上と生産性向上を目指し、早期に設備の状態基準保全(CBM)を確立するには、他社で実績のある技術を導入するのが効率的であると判断したためで、最新技術の活用により、コスト構造改革を図ることになっています。
運転

日本の鉄道はなぜ時間に正確なのか

日本の鉄道は、時間に正確だと言われていますが、その理由について書いてみたいと思います。 1872年10月14日に、日本初の鉄道が新橋ー横浜間に開通しますが、鉄道開業当時は遅延が多く乗り継ぎが出来ない利用者などから、不満の声が上がっていました。路線網の拡大につれて、会社をまたいだ連絡運輸が増加し、輸送力と安全を確保するためにも、時間の管理はますます重要になりますが、19世紀末にかけて急激に鉄道網が拡大したため、人材と教育が不足し、1900年頃の鉄道は事故が頻発し、遅延が常態化するなど、非常に混乱していたと言います。そのため、当時の日本鉄道は運転の現場で、運転技術の向上や正確な運転のマニュアルの作成を行うなど、
車両

似たような車両が増えている理由

最近の鉄道車両は、似たような車両が増えていますが、なぜでしょうか。 その理由は、車両規格の共通化が進んでいるからで、かつては、開発時に鉄道会社ごとの独自のコンセプトや設計により、車両メーカーに個別発注をしていましたが、会社によって車両の寸法や設備的条件など異なり、車両や搭載する機器の設計作業は、系式が異なるごとに膨大な時間を掛けて行われる一方、製造に必要な治具なども、構造が異なるたびに新たに準備が必要となるため、製造コストが高く付いていました。
建築

有楽町線の延伸に合わせて豊洲駅を改良

東京メトロ有楽町線豊洲ー住吉間の延伸に合わせて、豊洲駅の改良工事が行われるそうです。 豊洲駅周辺は、開発が進み朝・夕のラッシュ時間帯を中心に、慢性的な混雑が課題になっているため、面積を大幅に拡張し、A線のホームを外側に1本増設して、営業線のトンネルを改造する土木工事も行われることになっています。
建築

東京メトロ東西線南砂町駅の改良工事

現在、東京メトロでは東西線の遅延防止と混雑緩和を図るために、南砂町駅の改良工事を進めています。 これまで、輸送障害が発生し前を走行する列車が遅れていた場合、後続の列車が詰まってしまい、駅の手前で列車間隔が詰まり、駅間で停車して閉塞待ちをする必要がありましたが、大規模掘削により、線路とホームを増設することによって、B線を同一方向に進む列車が、ホームの両側に交互で、発着することが可能になり、ホームにおける安全性も向上します。