東西線は地下鉄路線なのに南砂町ー西船橋間は地上を走行する理由

建築
地上区間を走行する東西線の新型車両15000系

東西線は地下鉄路線なのに、南砂町ー西船橋間では地上を走行しますが、それは一体なぜでしょうか。

東西線は、東京都心へ向かう旅客の増加に伴い混雑する国鉄(現在のJR東日本)中央線・総武線のバイパス路線として1969年に全線が開通しますが、南砂町ー西船橋間は地盤が弱く農地が広がり、住宅も少なく東京とは思えないような風景が広がっていました。そのため、地下で建設するよりも地上で建設した方が建設費の低減が可能なので、南砂町駅付近にある坑口から西船橋まで高架線で建設され、日本の地下鉄における連続する地上区間としては最長となっています。

東京メトロには東西線の他にも、千代田線や有楽町線に地上区間がありますが、地下鉄なのに地上を走行するのは用地取得の問題やコスト、地形など様々な要因があったりします。

関連リンク

東西線の歴史 – メトロアーカイブアルバム (metroarchive.jp)

コメント

タイトルとURLをコピーしました