陸羽東線で定期的な企画列車の運転を検討

運転
JR東日本陸羽東線

JR東日本は、一昨年の夏に陸羽東線古川―新庄間が赤字線区であることを公表していますが、利用の促進を図るために、定期的な企画列車の運転を検討するそうです。

リゾートみのり

陸羽東線では、地域活性化のためにキハ48系を改造したジョイフルトレインのリゾートみのりが運転されていましたが、老朽化のため2020年に廃車となり、その後継としてキハ110系を使用した快速湯けむりが、仙台―新庄間で運転されています。

その他にも、豪華列車のTRAINSUITE四季島が入線したり、鉄道開業150周年記念事業の一環として、快速湯けむりで運用するキハ110系に、鉄道開業当時の客車をイメージしたラッピングを行う取り組みが行われています。

運転形態と車両については、公表されていませんが、陸羽東線は観光客の利用も多いので、定期的に企画列車を運転することによって、鉄道利用の促進に繋がると良いですね。

参考文献

「特集 JR車両ファイル2021」鉄道ファン2021年7月号株式会社交友社令和3年8月1日発行

「~鉄道開業 150 年記念~ レトロラッピング車両の運行について」2022年3月24日JR東日本仙台支社ニュースリリース

「ご利用の少ない線区の経営情報を開示します」東日本旅客鉄道株式会社2022年7月28日のニュースリリース

広告 ※当サイトではアフェリエイト広告を掲載しています

タイトルとURLをコピーしました