JR北海道本社鉄道事業本部

車両

JR北海道が新造した通勤型交流電車の系式は733系4000番代に

昨年の冬に、JR北海道が6両固定編成の通勤型交流電車を新造することを公表しましたが、系式は、733系4000番代であることが、先日明らかになりました。 733系は、札沼線の電化に伴う札幌圏の輸送力増強を目的に731系のコンセプトを基準として、731系の就役以降に採用された技術の導入やユニバーサルデザイン・バリアフリーに対する要求を満足するための変更を行い、JR北海道の通勤型電車の基本とするべく開発を行った車両です。
運転

北海道新幹線の札幌―旭川間延伸構想

現在、2031年の北海道新幹線新函館北斗ー札幌間の延伸に向けて、工事が進められていますが、旭川まで延伸する構想があります。
運転

新千歳空港ー旭川間直通列車運転構想

新千歳空港と旭川空港の利便性を向上するために、JR北海道と北海道エアポートの間で、新千歳空港ー旭川間を乗り換えなしで結ぶ直通列車を運転する構想があります。 この構想は、旭川空港を新千歳空港に次ぐ準拠点空港として位置付ける計画があり、両空港を行き来する際の新ルートが必要と判断されたことによるもので、石勝線と室蘭本線を経由し、岩見沢から函館本線を通るルートが想定されており、直通列車の運転は、旭川空港の施設改修などが本格化する2025年度以降に合わせて行われる予定です。
建築

かつては空港と直結していた南千歳駅

南千歳駅は千歳線と千歳線空港支線、石勝線の3路線が乗り入れる北海道における鉄道の要衛で、1992年7月に新千歳空港駅が開業するまで千歳空港駅と呼ばれていました。
電力

北海道の電化計画

JR北海道は非電化の路線が多く、電化区間は海峡線、北海道新幹線、函館本線函館ー新函館北斗間と小樽ー旭川間、室蘭本線東室蘭ー沼ノ端間、室蘭本線室蘭支線、札沼線(学園都市線)、千歳線、宗谷本線旭川ー北旭川間のみですが、